2019年5月21日(火)

レゴランド開業、さあブロックの世界へ 子供ら歓声

2017/4/1 12:00
保存
共有
印刷
その他

ブロック玩具「レゴ」をテーマにした屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区で開業した。雨が降りしきるなか、午前7時半には家族連れなど約500人が開場待ちの列を作ったため、当初予定から約1時間繰り上げて同9時前にオープン。子供たちは歓声を上げてアトラクションに向かった。

オープンしたレゴランドに入場する人たち(1日午前、名古屋市港区)

一番乗りは寝袋持参で前日の午後11時ごろから待っていたという愛知県清須市に住むカナダ人の英会話講師、デーン・パンドゥロハンセンさん(31)。「1番を狙ってきた」と満足げだった。愛知県小牧市から妻と長男(7)と来た会社員、根保貴志さん(39)は「息子はレゴブロックが大好きなので、一緒に遊びたい」と笑顔を見せた。

オープニングセレモニーでは運営会社のトーベン・イェンセン社長が「ワクワクする1日を過ごしてください」とあいさつ。紙吹雪が舞い、花火が上がるなか、レゴのキャラクターも登場したダンスで開業を祝った。

レゴランドは世界各地で運営され、名古屋は8カ所目。施設内で使われているレゴブロックは約1700万個。名古屋城や東京・渋谷、京都など日本各地の町並みをブロックで再現した「ミニランド」や、ジェットコースターのある「ナイト・キングダム」など7つのエリアに分かれる。料金は大人6900円、子供5300円。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報