/

この記事は会員限定です

危険ドラッグ即座に判定 国立研究機関が新手法

[有料会員限定]

国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)が危険ドラッグの作用を即座に判定できる検査の手法を開発した。遺伝子操作を加えたハムスターの細胞に、幻覚作用などがあるドラッグを投与すると発光する仕組み。従来の検査は1カ月以上かかっていたが、ドラッグ販売店ですぐに調べることで違法薬物の迅速な取り締まりにつながると期待されている。

同センター依存性薬物研究室の舩田正彦室長が、横浜市で3~4日に開かれる「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン