/

徳川光圀ゆかりの「西山荘」復旧し公開 茨城・常陸太田

東日本大震災で損壊した第2代水戸藩主・徳川光圀が晩年を過ごした「西山荘」(茨城県常陸太田市)の復旧工事が完了し、1日から一般公開が始まった。

一般公開に先立つ式典で、水戸徳川家15代当主徳川斉正さんが「紅葉の季節に、観光客がご覧になれるようになり喜んでおります」とあいさつした。

西山荘は、黄門様で知られる光圀の隠居地として1691年に創建。光圀が亡くなるまで、歴史書「大日本史」の編さんや、領内を巡る拠点とした。1817年に焼失したが、2年後に再建されていた。

東日本大震災では、土壁の崩落や建物が傾く被害を受けた。施設を管理する「徳川ミュージアム」(東京都)は、2013年に復旧工事を開始。約1億6千万円をかけて、礎石や屋根組みを修復した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン