/

オウム関連施設、17カ所に一斉立ち入り 公安庁

公安調査庁は1日、団体規制法に基づき、オウム真理教から改称した「アレフ」と、教団元幹部の上祐史浩氏が設立した「ひかりの輪」の10都府県、計17施設を一斉に立ち入り検査した。

全国規模の一斉検査は2012年11月以来。両団体に対する観察処分の更新期限が来年1月末に迫っており、公安庁は検査結果などを基に、5回目の更新手続きを行うかどうか検討する。

公安庁によると、対象はアレフが国内最大拠点の足立入谷施設(東京都足立区)など12カ所。ひかりの輪が5カ所。公安調査官計約270人を動員した。

今年7月末時点の信者数はアレフが約1450人、ひかりの輪が約200人。公安庁は両団体が依然として松本智津夫死刑囚(麻原彰晃、59)の影響下にあるとみている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン