/

この記事は会員限定です

TPP、外資規制緩く 投資・サービスのルール合意案

[有料会員限定]

【ラハイナ(米ハワイ州)=八十島綾平】日米など12カ国が交渉している環太平洋経済連携協定(TPP)の投資・サービスのルールに関する合意案が30日判明した。マレーシアが外資のコンビニエンスストアへの出資を解禁。ベトナムは外資系の銀行や通信会社の出資上限を引き上げるなど幅広い分野で自由化を進める。新興国を中心に規制が大幅に減り、日本企業が海外進出しやすくなる。12カ国は企業が進出先の政府を訴えることが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン