/

この記事は会員限定です

革新機構、人工知能に初の投資 ビッグデータ効率処理

[有料会員限定]

官民ファンドの産業革新機構は人工知能(AI)分野の投資に乗り出す。第1弾として東京工業大学発のベンチャー企業「SOINN(ソイン)」(東京都小平市)に最大2億5千万円を出資する。パソコンやスマートフォンにも搭載可能な日本独自の技術開発を支援し、マーケティングから防災まで幅広い範囲でのAI普及を目指す。

革新機構は西武しんきんキャピタル(東京・中野)と共に出資し、2社でソインが発行する株式の約15%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン