/

この記事は会員限定です

宇宙ゴミ掃除衛星VBに出資 革新機構、最大30億円

[有料会員限定]

官民ファンドの産業革新機構は宇宙ゴミ(デブリ)の掃除を目指すベンチャー、アストロスケール(岡田光信・最高経営責任者)に最大30億円を出資する。アストロ社は国内の中小企業と組んで人工衛星を製造する。宇宙ゴミの除去は有効な解決策が確立されておらず、機構は同社の技術が宇宙のゴミ掃除の世界標準になるよう支援する。

アストロ社はシンガポールに本社、東京都墨田区に研究開発拠点を置く。2018年にも打ち上げ予定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン