/

厚労省の男性職員、育休取得率34.6% 16年度過去最高

厚生労働省は2016年度の男性職員の育児休業の取得率が34.6%(暫定値)となった。取得状況をまとめ始めてから、過去最高の水準だ。政府が働き方改革に取り組む中、昨年末に塩崎恭久厚労相が自ら部下の育児に理解がある上司「イクボス」を宣言したことなどが改善につながったようだ。

厚労省は国会関係の業務が多く、職員の長時間労働が常態化している。女性活躍のための対策を考える20~30代の厚労省の若手職員でつくる「ジョカツ(女活=女性活躍検討)部」が昨年秋から、働き方を見直す活動をしていた。

日本では男性の育休取得率は低く、全体では3.16%。政府は20年までに13%を目指しているが、達成は見通せない。厚労省の担当者は「上司が積極的に男性に育休取得を勧めることで、取りやすい雰囲気を職場でつくるのが大切だ」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン