地域支援機構の解散5年延期 金融庁、ゆうちょ銀と連携

2017/8/3 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁は、政府系ファンドの地域経済活性化支援機構の解散期限をのばす。来年3月末を支援先を決める期限とし、2023年に解散する予定だったが、それぞれ5年延期する。地方経済の回復度合いにはばらつきがあり、人口減など構造的な課題もある。企業再生を柱とする地域経済テコ入れ策はなお必要だと判断。期限の延長とあわせ地方銀行やゆうちょ銀行との連携を強化する。

来年の通常国会に関連法の改正案を出す。機構の前身は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]