日銀、追加緩和を議論へ 「脱デフレ」遅れに危機感
金融政策決定会合

2016/1/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は29日の金融政策決定会合で追加的な金融緩和の是非を議論する。原油価格の急落や中国経済の減速で先行きの不透明感が強まっているため、景気や物価に及ぼすリスクを見極める。日銀内には目標とする物価2%上昇の達成が難しくなるなら、より大胆な緩和策を決めるべきだとの意見がある。副作用も考慮し、確かな効果が得られるのか慎重に検討する。

日銀が追加緩和を議論するのは、先行き不安の高まりが、ようやく見え始め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]