文科省、もんじゅ運営の新組織を夏までに選定

2016/5/27 19:14
保存
共有
印刷
その他

高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県)の問題を議論する文部科学省の有識者会合は27日、もんじゅの存続を前提に、運営は新たな組織に委ねるべきだとの報告書をまとめ、馳浩文科相に提出した。文科省はこれを受け、新たな運営主体を夏までに選定する方針だ。

座長の有馬朗人・元東京大学学長は会合後「新しい運営主体の特定に向けて第一歩の前提条件ができた」と話した。馳文科相は「報告書を踏まえて今後対応していく」とし…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]