休日労働の抑制、努力義務に 労基法指針で厚労省方針

2017/4/27 0:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は残業時間の削減を盛り込む労働基準法の指針(ガイドライン)で、休日労働の抑制を努力義務として明記する方針だ。指針に強制力はないが、厚労省は指針に基づいて企業などに指導する。政府が3月にまとめた働き方改革の実行計画では、年間の残業上限720時間などには休日労働分が含まれないため、新たなルールを設けて対応する。

27日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で示す。政府は秋の臨時国会に働き方改…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]