/

この記事は会員限定です

三井住友アセットマネジメント、信託報酬の算定基準公表

[有料会員限定]

三井住友アセットマネジメントは、投資信託の資産残高に応じて受け取る信託報酬(運用管理費用)の算定基準を公表する。信託報酬率は販売資料に記されているが、商品ごとに違い、投資家からみてコスト負担の根拠や内訳が分かりにくい。運用の対価の中身をガラス張りにして、より多くの投資家を呼び込む狙いがある。

投信のコストは、購入時に払う手数料と、保有期間中かかる信託報酬の大きく2つに分かれる。同社の「日本再興戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン