/

この記事は会員限定です

国際課税ルール適用「企業負担に配慮を」 経産省研究会

[有料会員限定]

経済産業省の国際課税に関する研究会は、経済協力開発機構(OECD)が策定した多国籍企業の税逃れ防止策について、日本企業の事務負担増を避け「稼ぐ力に配慮すべきだ」とする中間報告書をまとめた。OECDの防止策を受け、日本では政府税制調査会が具体的な法改正に向けた議論を開始。日本企業に過度な負担とならない制度作りが今後の焦点になる。

OECDの防止策は、各国の課税権を強めて税制の抜け穴を埋めることが目的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り462文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン