/

この記事は会員限定です

復興予算5年で6兆円 一部は被災地負担、政府方針

[有料会員限定]

政府は2016~20年度にかけて、東日本大震災の復興に充てる予算を、6兆円前後とする方針だ。あわせて国が全額負担している現行制度を見直し、被災自治体にも一定の負担を求める。歳出総額の見通しがたったことで、財源をいかに確保するかが今後の焦点となる。

政府は15年度までの5年間を「集中復興期間」と位置づけ復興特別会計に26兆3000億円を計上、全額負担してきた。

政府は15年度までを特例としているが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン