/

この記事は会員限定です

原子力発電コスト、価格優位性を維持 経産省試算

[有料会員限定]

経済産業省は原子力の1キロワット時あたりの発電コストを「8.9円以上」としている現在の想定から10円強に引き上げる案をまとめた。原発を巡っては安全対策などにかかる費用を考慮し、大幅に発電コストを上げるよう求める声がある。今回の試算では安全対策で原発事故の確率が減るとみられることなどを考慮し、火力などよりも価格面で優位にあるとの見方を示す。

民主党政権が2011年にまとめた発電コストは、原発事故が起...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン