/

経団連会長「外国人受け入れの仕組み整備を」

経団連の榊原定征会長は24日東京都内で講演し、人口減への対応として「外国人人材の積極的な受け入れは喫緊の課題だ」と語った。地方や中小企業などで起きている昨今の人手不足は「成長の制約になる。国家的な課題だ」と指摘。「諸外国の事例も参考にしながら(受け入れ拡大に向けて)適切な仕組みを整備していくことが不可欠だ」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン