/

この記事は会員限定です

投資商品、顧客本位へ手数料明示 金融庁が原則案

[有料会員限定]

金融庁は金融機関が顧客本位の業務運営を徹底するための原則をつくる。マイナス金利による手数料依存の強まりが背景。投資商品を売る際などに手数料や費用を顧客に詳しく開示することや、顧客と金融機関の利害が対立する場合の具体的な管理方針づくりを求める。顧客サービスの改善で「貯蓄から投資へ」の流れを後押しする。

金融庁は25日の金融審議会で原則案を示す。年内をめどに報告書としてまとめ、来年早々にも金融機関に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン