/

この記事は会員限定です

特許庁、企業秘密の発生時期認証 紛争解決を支援

[有料会員限定]

特許庁は製法技術の開発など企業秘密の発生時期を認証するサービスを2017年3月に始める。具体的には同庁の外郭団体である独立行政法人、工業所有権情報・研修館(INPIT)が企業秘密の発生時期を他者に証明するための仕組みである「タイムスタンプ」の情報を受け付ける。企業が知財紛争で自社技術の開発時期を証明するために使うことを想定している。

タイムスタンプは企業秘密...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン