/

この記事は会員限定です

2030年の電源構成、原子力15~25% 経産省検討

[有料会員限定]

経済産業省は2030年時点の発電量に占める火力、原子力、再生可能エネルギーなど電源ごとの最適な構成(ベストミックス)の検討を始める。原子力は東日本大震災前(2010年度)の28.6%から引き下げ、15~25%前後を軸に調整する見通し。再生エネは2割超の水準を目指す。原子力はさらに削減を求める声があり、議論は難航が予想される。

経産省は30日、電源構成を議論する有識者会議の初会合を開く。政府が最適な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン