/

日欧EPA交渉、非関税障壁など議論 第10回会合開始

日本と欧州連合(EU)は22日、東京都内で経済連携協定(EPA)交渉の第10回会合を開始した。日本は引き続き自動車などの関税撤廃を求めているのに対し、EU側は自動車や食品安全などの非関税障壁の撤廃を求めている。日本とEUは年内に大筋合意する目標を掲げているが、交渉は難しさを増している。

日本とEUは5月29日に定期首脳会議を東京で開く予定で、EPAは最重要議題になる見通し。今回は首脳会議前では最後の会合になるため、交渉官らは懸案事項を少しでも前進させたい考えだ。今回の交渉は28日まで。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン