/

ビッグデータで経済指標、経産省が試験運用

経済産業省は19日、ツイッターのつぶやきなどビッグデータと人工知能(AI)を活用した新たな経済指標サイト「ビッグデータスタッツ」を試験公開した。統計はデータ収集から公表まで時間がかかるが、AIで分析することで景況感がすぐに分かる。経産省は「おおよその傾向をつかむには交流サイト(SNS)は有効」とみている。

公開した新指標は3つ。野村証券が開発した「SNS×AI 景況感指数」と「SNS×AI 鉱工業生産予測指数」。調査会社のGfKジャパン(東京・中野)が手掛けた「POS 家電量販店動向指標」。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン