/

4G携帯の周波数、ドコモなど3社に割り当て 総務省

総務省は19日、第4世代(4G)と呼ばれる次世代携帯電話サービス向けの周波数をNTTドコモとKDDI、ソフトバンクモバイルの大手3社に割り当てると発表した。現行の約10倍の高速通信ができ、KDDIは2016年6月、ドコモは同10月、ソフトバンクは同12月にサービスを始める予定だ。

周波数を求めていたのは3社だけだった。イー・アクセス(現ワイモバイル)が05年に周波数の割り当てを受けて以来、携帯市場への新規参入が途絶えている。

4Gは現行のLTE(3.9世代)の約10倍の高速通信ができ、映画のDVDなら1本あたり約30秒でダウンロードできる。高精細な動画などのやり取りが増えそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン