2018年1月23日(火)

特許保護、審査遅れても20年確保 TPPで政府方針

2015/10/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 政府は環太平洋経済連携協定(TPP)の大筋合意を受け、特許法を改正する方針だ。特許の審査が遅れても、20年の保護期間を確保できるようにする。ベトナムなども同様のルールを設ける見通しで、日本企業は審査の遅れで特許の保護期間が削られる事態を避けられる。商標が不正利用された際の新たな賠償制度も取り入れ、企業の権利強化を図る。

 今月5日に大筋合意したTPPでは、特許や商標の分野で統一の規定を盛り込んだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報