1年後に物価「上昇」、70%超に 消費者庁調査

2017/6/5 18:49
保存
共有
印刷
その他

家計に物価上昇への警戒感が広がってきた。消費者庁の5月の物価モニター調査では、生活関連物資の価格が1年後に「上昇する」と答えた割合が72.8%と、1年7カ月ぶりの高水準となった。70%を超えるのは2カ月連続で、3月までの60%前後から足元で急上昇している。ポテトチップスなど、身近な商品の値上がりが影響している。

調査は47都道府県の2000人を対象に、5月4~8日に実施した。

値段が上昇すると思う理由は「身近な商品の価格が過去数カ月に上昇した」が61.4%で最も高くなった。5月は昨夏の台風で北海道産ジャガイモが不作だったポテトチップスが前年比9%、カップ麺も4.8%上昇するなど、身近に値上げを感じる機会が多かった。

一方、消費支出額を増やそうと思うとの回答は1年ぶりの低水準となる5.1%どまりだった。賃金上昇より身近な商品の値上げが先行すれば、選別志向が強まり、財布のヒモを固くする可能性もありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]