/

国産キャビア輸出解禁 宮崎の養殖発展で新制度

経済産業省と水産庁は18日、宮崎県などの業者が生産する国産キャビアの輸出を解禁した。キャビアは国際条約によって輸出入が規制されている。条約は製造施設の登録制度などがあれば輸出を認めており、同庁は新たにキャビア輸出に必要な制度を新設した。経産省も新制度に沿って、輸出許可制度を見直した。

キャビアはチョウザメの卵で、フォアグラ、トリュフと並ぶ世界三大珍味の一つとされる。チョウザメは絶滅の恐れがあり、ワシントン条約は卵も含めた国際取引を規制している。

日本近海にはチョウザメがおらず、キャビアも国内で生産していなかったため、政府は輸出に必要な制度を整備していなかった。

ところが、ここ10年ほどの間に宮崎、岐阜、広島の各県などでチョウザメ養殖業がキャビアを輸出できる水準まで発展したため、制度の整備に踏み切った。

ワシントン条約は、養殖場を含むキャビア製造施設の登録制度と、キャビアの容器に、一度はがすと二度と貼れないラベルを貼る制度を求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン