2018年8月19日(日)

国立大45病院、医療消耗材を共同調達 コスト圧縮

2017/4/18 21:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 全国45カ所すべての国立大学病院が、手袋やエプロンなど病院で使う消耗品の共同購入を始めた。病院によってバラバラだった規格と調達価格を一本化して仕入れることで、年間3億円と、2割強のコスト削減を目指す。診療報酬の引き下げなどで大学病院の経営環境は厳しくなっており、今後は共同購入の品目を増やして経営の安定につなげる。

 まずアルコール綿や手袋など5品目の調達をそれぞれ1社に集約した。規格を統一しても品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報