/

この記事は会員限定です

中小の海外進出、外国人研修生を活用 TPPにらみ経産省

[有料会員限定]

経済産業省は環太平洋経済連携協定(TPP)発効をにらみ、日本企業で研修などをした経験のある外国人を日本の中小企業の海外展開支援に活用する。外国の政財界の有力者らに、現地に進出する際の助言や提携先の紹介などを手伝ってもらう。

経産省は中小企業の海外進出を促進するため、地方自治体や金融機関、日本貿易振興機構(ジェトロ)などが参加する「新輸出大国コンソーシアム(共同体)」を設立する方針。ここに産業人材の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン