/

この記事は会員限定です

知財の事業化後押し 特許庁、中小に専門家紹介

[有料会員限定]

特許庁は中小企業の知的財産戦略への支援を強化する。中小企業が自社保有の特許を使って新事業を立ち上げる際に、専門機関などを紹介して効率的な事業化を後押しする。中小企業の知財活用を後押しし、地域経済の活性化も狙う。

これまでも同庁は中小企業からの相談を受け付けてきたが、自社で持つ技術でどうやって特許権を取ればいいかといった相談が中心だった。今年度からは同庁が全国57カ所に設けた「知財総合支援窓口」など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン