2019年8月20日(火)

野村の日本株投信、3週間で販売停止 個人マネー殺到

2015/4/16付
保存
共有
印刷
その他

野村証券は16日、グループの野村アセットマネジメントが先月25日から募集していた投資信託「日本企業価値向上ファンド」の販売を停止した。日経平均株価が一時2万円をつけるなど相場の先高観が出てきた中で個人マネーが殺到。資産額が想定以上に膨らみ運用に支障が出かねないため、わずか3週間で異例の打ち切りとなった。

「価値向上ファンド」は稼ぐ力を示す自己資本利益率(ROE)改善などが期待できる企業の株に投資する。株高に加えて「企業価値」という話題のテーマが個人投資家を引き付けた。

一般に投信は1カ月間で1000億円を集めれば大ヒットといわれる。同ファンドは今月3日の当初設定額が1057億円だった。当初設定額が1000億円を上回ったファンドは2年ぶりで、16日時点の資産額は2176億円に上る。

運用資産が急拡大して保有株を増やすと、自らの売買で株価に影響を与えてしまい、機動的な銘柄の入れ替えなどがしにくくなる。「市場の流動性などを勘案し、運用規模を適正な範囲に維持する」(野村アセット)狙いで、今後の販売は未定としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。