/

この記事は会員限定です

ついのすみか、東京がいい 人の縁「混住」で結び直す

再生・老いる首都(2)

[有料会員限定]

2月に認知症の入居者をベッドに縛りつける虐待行為が明らかになった東京都北区の高齢者マンション。「いずれお世話になるかもしれないと、考えていたのに」。近くに住む本田寿子(仮名、81)は複雑な表情で建物を見上げる。

伊豆に移住構想

2025年、東京に住む75歳以上の後期高齢者のうち、3割の57万人が独り暮らしになる。だが地価や人件費の高い東京で介護施設の建設は容易に進まず、劣悪なサービスがはびこる。住...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン