/

この記事は会員限定です

異次元緩和の出口に鬼門 福井総裁時、政府・日銀蜜月一転

[有料会員限定]

日銀は15日、2006年1~6月の金融政策決定会合の議事録を公開した。就任当初は政府と蜜月だった日銀の福井俊彦総裁(肩書は当時、以下同じ)が、06年3月の会合で政府の慎重論を押し切って量的金融緩和の解除に踏み切る過程が浮き彫りになった。緩和の出口を巡る攻防は政府と一枚岩で積極緩和を続ける現在の日銀にも重い課題を突きつけている。

「そこは自信を持ってやるということだ」。総裁は3月の決定会合で慎重論を一蹴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン