大阪府、「宿泊税」導入へ

2016/1/15 19:30
保存
共有
印刷
その他

大阪府は15日、府内のホテル・旅館の宿泊客から宿泊税(仮称)を徴収する方針を決めた。2月府議会に条例案を提出して2017年1月からの実施を目指す。観光客の増加を踏まえ、バス駐車場や案内所の整備などの財源にする考えだ。

1人1泊あたりの税額は宿泊料1万円以上1万5000円未満が100円、1万5000円以上2万円未満が200円、2万円以上が300円。年間10億円程度の税収を見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]