/

AIがケアプラン作成 産業革新機構など新会社

官民ファンドの産業革新機構は14日、人工知能(AI)を活用して介護サービス計画(ケアプラン)を提供する新会社を設立すると発表した。出資総額は15億円で、機構が最大8億円を出して筆頭株主になる。介護大手のセントケア・ホールディング日揮ツクイも資本参加する。

新会社は「シーディーアイ(CDI)」。現在、ケアプランはケアマネジャーらが要介護者の状態を判断して作成している。CDIは過去のデータをAIに学習させ、要介護者に合ったケアプランを作る。介護現場の人手不足が進むなか、AIでコスト減と省力化につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン