金利低下、原油安で拍車 日米欧で物価に下押し圧力

2015/1/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界で金利の低下が止まらない。日本の債券市場では13日、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時0.255%と過去最低を更新し、5年債は利回りが初めて一時ゼロ%となった。欧州もドイツの5年債利回りがマイナス圏で推移する。急速な原油安を起点に先進国で物価の上昇が鈍っており、歴史的な金利低下に拍車がかかっている。

日本の10年債利回りは1月に入って0.3%を割り込むと、連日のように過去最低…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]