/

この記事は会員限定です

川内原発「事故時は政府が責任」 鹿児島知事に経産相名で文書

[有料会員限定]

資源エネルギー庁の上田隆之長官は12日午後、鹿児島県庁を訪れ、伊藤祐一郎知事に小渕優子経済産業相名の文書を手渡した。文書には同県薩摩川内市にある九州電力川内原発の再稼働を進める方針を示した上で「万が一事故が起きた場合には、政府は責任を持って対処する」と明記した。

12日午前には安倍晋三首相を議長とする原子力防災会議が川内原発で大事故があった場合の避難計画を了承した。すぐに自衛隊や警察が駆けつける体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン