/

この記事は会員限定です

日本原燃、国の関与強化 経産省が認可法人案など検討

[有料会員限定]

経済産業省は、原子力発電所から出る使用済み核燃料の処理を担う日本原燃(青森県六ケ所村、工藤健二社長)の経営形態を見直す検討に入った。原燃は電力会社が出資する株式会社だが、国が人事権などを持つ認可法人とする案も浮上している。核燃料を再利用するサイクル事業は30年以上停滞を続けている。政府の関与により前進を目指すが、課題は山積みだ。

経産省は16日に開く総合資源エネルギー調査会原子力小委員会で原燃再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン