/

この記事は会員限定です

老朽原発5基は廃炉の公算 各社、政府の支援策受け判断

[有料会員限定]

政府が廃炉するか判断を求めた老朽原発7基の道筋が見えてきた。関西電力美浜1、2号機(福井県)など5基は廃炉の公算が大きい。実際の廃炉には原発の立地自治体の理解などが欠かせない。各社は政府の支援策を待って年明けにも廃炉を判断する。

関電が再稼働を目指す高浜原発1、2号機以外の老朽原発は出力規模が小さい。美浜1、2号機など5基は安全対策の投資が巨額となる一方、電気料金の引き下げ効果は限定的だ。

各社は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン