/

この記事は会員限定です

核燃料再処理、電力会社の財務負担軽く 経産省が法改正へ

[有料会員限定]

経済産業省は原子力発電所から出る使用済み核燃料の再処理に伴う電力会社の財務負担を軽くする検討に入った。11兆円超の再処理費用を電力会社が積立金として資産計上する仕組みを廃止する方向だ。再処理(核燃料サイクル)事業の停滞で電力会社の資金調達に悪影響が出るのを防ぐ。2015年以降に再処理の積立金制度を定めた法律を改正する方向だ。

経産省は13日の有識者会議「原子力小委員会」で再処理の資金拠出のあり方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン