30年代、車は運転手不要に 経産省がビジョン策定へ
人工知能、医療現場に

2015/9/12付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は2015年度中に、人工知能(AI)やビッグデータ分析の普及を前提にした30年代の産業ビジョンを策定する。自動運転車の登場、医療の現場でのAI活用などを想定し、必要な法改正のあり方を示す。官民の有識者検討会で17日から議論を始め、政府が来夏にまとめる成長戦略に反映させる。

経産省はあらゆるモノをネットでつなぐインターネット・オブ・シングス(IoT)やAI活用の動きが出始めている産業分野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]