/

この記事は会員限定です

原発事業の損益を平準化 経産省、自由化にらみ

[有料会員限定]

経済産業省は九州電力川内原子力発電所(鹿児島県)が今冬にも再稼働するのを踏まえ、原発が安定して動くための体制を整える。2016年以降の電力自由化で電力会社の財務が悪化するのを見据え、原発事業による損益を平準化する仕組みを整えるのが柱だ。年内に方向性を詰め、具体策を年明け以降に固める。

経産省は13日、有識者による「原子力小委員会」を開き、6月から続けてきた議論を整理する。

柱は電力自由化や廃炉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン