/

この記事は会員限定です

老いる首都、団地は限界集落 介護の将来、「広域」で描く

[有料会員限定]

東京都練馬区の光が丘第三アパートに8月、救急車が2度駆けつけた。玄関で倒れた男性、室内で熱中症にかかり動けなくなった女性。いずれも高齢の一人暮らし。巡回に来た住民の119番で命を取り留めたが、自治会長の小山謙一(72)は「もし気づかずにいたら……」と背筋が凍った。

6万人が単身

人口減少地図[新宿区]
東京都内でも高齢者の比率は拡大している。(クリックすると「人口減少地図」に移動します)

苦い記憶がある。3年前、独居の高齢男性が亡くなっているのに死後数週間、気づかなかった。「団地がスラム化しかねない」。危機感を抱いた小山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン