2019年1月23日(水)

老いる首都、団地は限界集落 介護の将来、「広域」で描く

2014/9/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都練馬区の光が丘第三アパートに8月、救急車が2度駆けつけた。玄関で倒れた男性、室内で熱中症にかかり動けなくなった女性。いずれも高齢の一人暮らし。巡回に来た住民の119番で命を取り留めたが、自治会長の小山謙一(72)は「もし気づかずにいたら……」と背筋が凍った。

■6万人が単身

苦い記憶がある。3年前、独居の高齢男性が亡くなっているのに死後数週間、気づかなかった。「団地がスラム化しかねない」。危…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報