大規模太陽光の参入凍結 受け入れ急増で、経産省検討

2014/10/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は大規模な太陽光発電施設の新規認定を一時停止する検討に入った。高値で再生エネルギーを買い取る「固定価格買い取り制度」によって認定申請が急増、電力会社が受け入れきれなくなったためだ。既存事業者の新増設も凍結し、現時点で認定済みの設備の稼働を優先する。同時に太陽光発電の買い取り価格を引き下げ、再生エネルギーの供給体制を全面的に見直す。

経産省が15日に開く「総合資源エネルギー調査会・新エネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電力各社、再生エネ買い取りに限界

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]