国債マイナス金利、損するのになぜ買う?

2016/2/11 1:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長期金利が初めてマイナスになった。長期金利とは国が発行する債券である国債を買ったときの利回りのことだ。例えば図のように、満期に101円をもらえる国債を100円で買えば、年1%の利回りになる。これを102円で買うと手数料を払うかのように、満期に買った値段よりも少ない額しか戻らず、利回りはマイナスになる。

国債は買う人が多いほど値段が上がり、低い利回りでも売れる。マイナス金利になるのは国債を買いたい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]