三井住友信託、国内債券投信を販売停止 安定運用困難で

2016/2/9 22:05
保存
共有
印刷
その他

三井住友信託銀行は9日、日本の国債や社債などで運用する「日本債券ファンド」(運用は三井住友トラスト・アセットマネジメント)の販売を15日に停止すると発表した。再開は未定で、解約は受け付ける。日銀によるマイナス金利政策の決定で国内債券の利回りが急低下し、安定運用が困難になった。

日本債券ファンドは残存期間が15年未満の国債や社債、地方債が投資対象。9日時点の運用残高は66億円で、残存期間…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]