/

貿易収支、近づく黒字化 2月の赤字4000億円減

日本の貿易赤字が縮小している。2月は1431億円と前年同月より4297億円減り、2013年7月に赤字に転じてからで最も少なかった。原油安で化石燃料の輸入額が減ったほか、円安で自動車や半導体などの輸出額が増えたのが要因だ。原子力発電所の停止による化石燃料の輸入増で貿易赤字が続いているが、黒字が近づいてきた。

財務省が8日に発表した2月の国際収支統計によると、輸出額は前年同月比232億円多い5兆9588億円だった。円安を背景に24カ月連続で増え、とくに自動車や半導体などが増えた。ドル建ての取引で円換算の金額が増えている。

輸入額は6兆1020億円と4065億円減った。14年1月に2兆4169億円まで膨れた貿易赤字は1431億円に縮小した。

原油相場に少し遅れて連動する液化天然ガス(LNG)などの価格が今後一段と下がるとみられ、輸入額をさらに押し下げそうだ。SMBC日興証券の宮前耕也シニアエコノミストは「近いうちに貿易黒字に転じる可能性が高い」と予測する。

震災を受けた原発の停止で火力発電への依存が強まり、11年から化石燃料の輸入額が増えた。10年まで黒字が続いた貿易収支は11年以降はほとんどの月で赤字になっている。足元で貿易収支は改善してきたが、世界経済が力強さを欠く中、肝心の輸出量の拡大には勢いがない。大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストは「今後も劇的な回復は見込めない」としている。当面は為替や原油相場に収支が左右されそうだ。

貿易収支に海外との利子や配当のやり取りなどを合わせた2月の経常収支は1兆4401億円と3年5カ月ぶりの大幅な黒字となった。貿易赤字の縮小に加え、海外への投資による収益が増えた。機関投資家などが受け取る外国債の利払いが増えたほか、国内企業が買収した海外子会社からの配当も増えた。日本の稼ぎ頭はかつての貿易から投資収益に移っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン