2018年2月20日(火)

機関投資家の議決権行使、原則個別開示に 金融庁が指針改訂へ

2016/11/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 金融庁は年金基金や保険会社などの機関投資家に、投資先企業の株主総会でどのように議決権を行使したかを原則、個別に開示するよう求める方針だ。開示できない場合は理由を説明するよう義務づける。大口株主による投資行動の透明性を向上させ、経営へのチェック機能を強める。

 8日夕に開く有識者会議で案を示す。同庁は来年、機関投資家の行動指針を定めた「スチュワードシップ・コード」を改訂する方針で、個別開示への対応を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報