2019年2月17日(日)

千葉興銀、公募増資で最大100億円調達

2015/7/7付
保存
共有
印刷
その他

千葉興業銀行は7日、公募増資で最大100億円を調達する計画を発表した。公募増資は1989年以来、26年ぶりになる。東京五輪に向けて千葉県内でも資金需要が高まっており、資本の充実で融資拡大を狙う。みずほフィナンシャルグループの議決権比率は20.8%から17~18%程度に低下する。

今回新たに発行するのは1000万株。15~21日に発行価格を決定し、23~28日に払い込む。千葉興銀の2015年3月末時点の単体の自己資本比率は8.14%で、今回の公募増資で8.8%程度に上昇する。

千葉興銀は13年に公的資金を完済したほか、14年には16期ぶりに復配しており、経営体質の強化を進めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報