/

仙台市、保育士養成などの戦略特区計画を決定

仙台市は7日、国家戦略特区の区域計画を決める会議を仙台市内のホテルで開き、保育士の養成などに取り組む計画を決めた。今後1~2週間で認定される見通しだ。会議には仙台市の奥山恵美子市長らが出席した。

保育士の養成では仙台市が特区限定の保育士試験を2016年度から実施する予定。このほかNPO法人の設立に必要な申請書類の縦覧期間を2カ月から2週間に短縮する計画も決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン